最近ニュースで殺人事件が多いと思います。一日に必ず一件はあるように感じます。日本はこれほどまでに危ない国になってしまったのでしょうか。
昔は人を殺すと言っても身内でトラブルがあったり、本当に憎くてたまらないなんて理由が明確にありました。しかしただ人を殺してみたかったや、誰でもよかったという不可解な理由が後をたちません。しかも顔の皮膚を剥がしたり、遺体をバラバラにしたり、人が出来る行為には思えません。

ただ隣の家がうるさいから殺した、薬物を投与して撹乱して隣の家に入って殺した、なんて恐ろしくてゾッとしました。明日はわが身と思うようになりました。そもそもどんな理由であれ、人を殺さなければいけないことなんてあるのでしょうか。人の命を何だとおもっているのでしょうか。

その人自身の人生わ奪い、その人の家族や恋人や友達を悲しませ、また憎しみを生むなんてことは想定出来ます。それでもなお殺人行為に踏み切る精神力や決定付けるものは何なのか、理解に苦しみます。

変出者や通り魔、拉致監禁事件も多く、簡単に子供を公園で遊ばずことも出来ません。子供だけで外へ遊ばせるのもドキドキします。どうして何も悪くない人が被害を受けて、不安にならないといけないのでしょうか。危険な人達は、いずれ刑務所から出てきます。また同じことをやる可能性だってあります。

昔のように子供が自由に遊べて、もっと安全で安心できる世の中は来るのでしょうか。