「メタボの犬用フード」
これが私のパソコンの検索履歴の一番上の(最新の)キーワードです。

私が飼っている犬は、ぽっちゃりさんです。
私がついつい甘やかしておやつをたくさんあげてしまうことが大きな原因だと思います。
昨日までは、「まあこの体型も愛嬌があって可愛いな」くらいに軽く考えていたのです。

昨日まで、といったのは、「昨日メタボの犬は膵炎になりやすい」ということを知ったから。
犬の膵炎の原因はほとんど特定できないそうですが、“肥満”はいちばんの危険因子だとのことなのです。
さらに愛犬は、なんと膵炎にかかりやすい犬種の一つのヨークシャー・テリアです。

これはさすがに笑い事じゃないと思いました。
たまたま見ていたテレビ番組でそんなことを知ることになったのは、ある種の警告なのではないかとも感じました。

そんな経緯で、膵炎にかかった犬のフードを探して食事の改善を検討しているわけです。

膵炎になると、腹痛を起こしたり食欲がなくなったりするそうですが、
治療もせず悪化してしまうと命にもかかわる大変な病気なんです。
自分より短命とはいっても、家族同然ですから、できる限り長く一緒にいて欲しい!
今日から心を鬼にして、おやつの量も減らしていこうと思います。
病院に行くほどになると絶食もあるようだから、それはあまりにかわいそうです。
症状の出ていない今の内に、危険因子は排除しておいた方が、辛くないはず!

パソコンの検索履歴に「膵炎の犬用フード」というキーワードが表示されることのないよう、
これからも気を付けていきたいです。