妊婦については、労働基準法においては、産休以外についてもいろいろルールが決められています。では、妊婦については、労働基準法においてどのようなルールが決められているのでしょうか?妊婦の人にとっては、仕事をする場合には、どのようなことを労働基準法において取り決めがされているのか気になるのではないでしょうか。

労働基準法においては、妊産婦である妊婦や子供が生まれた後1年経たない女性の労働者についての決まりがあります。出産については、死産も含めて妊娠してから85日を経過すると出産ということになっています。出産日については、子供が生まれる前の期間に含められます。予定より出産が遅れた場合については、産後は実際に出産してから8週間がなります。

では、産休中の給料はどうなっているのでしょうか?産休中の給料については、規定が労働基準法にないため、無給でも問題ありません。仕事が妊娠中に負担になる場合は、別の軽い仕事へ異動することを申し出することがきます。

しかしながら、このような仕事が無い場合は、仕事を新しく作ってまで会社側としては対応する必要はありません。そのため、妊婦が仕事をする場合には、事前に軽い仕事ができるかチェックしておく必要があるでしょう。

妊婦が仕事をする場合には、労働基準法において、このようなことが決められていますが、実際に仕事をしたいということであれば、入職したいところで十分に確認しておきましょう。