昔、「サイドウェイズ」という映画を見た際に、その時はあまりワインを好きではなかったのですが、それを見た瞬間にワインに興味がわき、その後ワインに詳しい人に会ったら、もう一気に私のワイン好きは止まらなくなってしまいました。
そして、いつか必ずナパに行ってやる!という風に思いました。

そのナパには旦那もいってみたかったようで、ある時、まとまった休みがあったので、思い立って旦那が「ナパにでも行こうか」と言ってきました。
「うん、行こうよ!」と、憧れの場所に行ける喜びが声とともに出てしまいました。
そして、その日にすぐ旅行の予約をしてすぐにナパ旅行が結構となりました。

ロサンゼルスから行ったのですが、そこから車で7,8時間ほどでしょうか。
渋滞にもチョットハマりながら、やっと憧れのナパに到着しました。
何とかその間息子が静かにしてくれていたのも良かったですし、なんと、私は臨月だったので、何事もなく無事に旅行が終えられたのが良かったと思います。

びっくりしたのは、ただの試飲をするのにもお金が取られるということです。
6種類くらい飲めるのですが、それに対して1人2000円くらい払うので、ワイナリーを見極めながら飲まないと損をしてしまいます。

旦那は頑張って良いワインを探そうと3つのワイナリーで試飲をして、結局5本ワインとシャンパンを購入しました。
トータルで三万円くらいいってしまったので、旦那は焦っていましたが、産後にお祝いとして一緒に飲みました。